さんびきのこぶた。

3人の子供と暮らしています。 育児、仕事、家事、旅などのきろく。

テレビが…折れました!

日曜日、末っ子の発言。

「ねーねー、テレビがぺこんてなる」

テレビを見てみると…テレビの支柱?が折れてました。

f:id:three_pigs:20180116055915j:plain

 

最初「え!?もう映らないんじゃ!?」と思ったけど、

支柱は支えてるだけだったようで映りましたー(よかった!)

今は壁に立てかけて使ってるんですが、

長男作成のロボット君と折れた支柱がシュールです…。

 

2006年製のテレビ、だいぶ疲れていたようで、

最近はテレビ本体のテレビチューナーの調子が悪く、

ブルーレイレコーダー経由じゃないとテレビが見れませんでした。

AmazonFireTVを映してても途中で映らなくなったり。

HDMIの端子も消耗しているみたいなので、

映らなくなったら買い替えかなと思ってます。

 

こんな感じで立てかけてるテレビをみたら、

26インチと小さいこともありもはやPCのモニター。

しっかりしたテレビ台も持ってないし、PCの大きいモニターを

買って代用してもいいかなという気になってきました。

f:id:three_pigs:20180116060148j:plain

 

調べてみたら、同じようなことを考えてるかたがいて、

ブルーレイレコーダーにテレビチューナーがあれば、番組も見れるみたいです。

hokoxjouhou.blog105.fc2.com

モニターで30インチ程度なら、3万円台からあるし、

パソコンにつないで、子供にプログラミングさせたりもできる!

薄いから場所もとらない^^

kakaku.com

テレビがないとできないこと、何があるかちょっと考えてみます。

新年いちばんの部内会議より

先週、新年早々の部内会議がありました。

ライン(部長)が発表した資料で、なるほど!と思ったことをメモします。

 

我々はいまどこにいるのか

私の会社は、2つの企業が共同出資している会社です。

(資本比率が大きい側の会社が、

小さい側の会社にサービスを提供しています。

小さい側の会社がお客様にあたります。)

 

で、まず資料1ページ目の説明が、

”我々はいまどこにいるのか”。

これって、考えたことなかったなと。

 

まず、親会社の中での立ち位置。

どのような位置づけの会社で、どういった役割を求められているか。

次にお客様からの期待。

これを組織図で表しての説明でした。

 

取り巻く状況や、組織での立ち位置をまず俯瞰する。

同じ仕事でも、役割によって求められている成果が異なる。

ここを押さえておかないと、

自分はがんばってるつもりでも結果につながらないなと。

 

この考え方って、仕事だけじゃなく、子育てにもあてはまりそう!

子供が成長過程で今どこにいるのか。

手を貸すときか、見守るときか、あえて突き放すときか。

お世話する、という乳児期・幼児期を抜けての学童期。

 

意識して子供をみていきたいな~と思いました。

 

そして仕事も!

時短だし、まわりほど成果出せないし…

とかモジモジするんじゃなくて、

チームの中での自分の立ち位置を意識してやっていきたい。

 

互いの違いを尊重すること。半径3メートル以内の人を積極的にフォローし、リードすること。

 うわー、ぐっさーときました。

時間内に自分の仕事を終わらせることに精一杯で、

こういう気持ち、忘れがちです。

 

まわりがつまずいてたら、フォローする。

で、かつリードする。

難しいけど、顔をあげてまわりの状況をみる。

幸い、今のチームメンバーはみんな尊敬できるひとばかり。

助けたい!と思える人ばかりなので、

この気持ちをもってやっていきたいと思います。

 

ルールを守り、ルール限界までプレーすること。 

 基本社会のルールを守らないと発言権は略奪される。

ルールぎりぎりまで創造性やチャレンジ精神を持って新しい事を実践する。

(ルール違反でなければ、チャレンジして失敗してもよい)

 

この文章に凝縮されてるんですが、

”ルール違反でなければ、チャレンジして失敗してもよい”

 

仕事だけじゃなく、でっかいことをいうと人生においてもそう。

そして、子供にも教えたいことの一つです。

ルール限界までプレーすること、

違反でなければ、チャレンジして失敗してもよいこと。

 

ルールの前に、自分で限界を設定して、

失敗しないように今までしてきたので、

私が教えられることじゃないかもしれないけど、

少しずつ伝えていけたらいいなと思います。

 

どうして仕事を続けてるのか、

見方によってはしがみついてるのかと思われてるかもしれない。

こういった新しいことに気付けるから!

というのもあるなーと思った部内会議でした。

 

どれだけ笑って機嫌よく過ごすか、が人生の満足度。

20代のころ一緒に仕事をしていた先輩(男性)が、

「けっきょくさぁ、人生のうちどれだけ笑って過ごせるかが

人生の満足度に関係するんだと思うんだよねー」

みたいなことを言っていて、

でもまだ結婚すらしてなかった私は、

そんなものなのかぁ、くらいに思っていました。

 

でも最近は、ほんとにそうだよなぁ!と思います。

笑って過ごせるかは、健康であることや、

毎日の生活に不安がないことや、

帰る家があることをベースにして、

一緒に時間を共有できる家族や友人がいること。

 

このベースの部分はありがたいことに今あるので、

次はいかに機嫌よく暮らせるか。

家もキレイに保ちたいし、自分の時間もほしい。

育児も働いてるからと思われたくないから

しっかりやりたい。

仕事でも認めてもらいたい。

でも全部やろうとすると、時間がなくて不機嫌になるので、

それじゃあもったいないなぁと思えるようになりました。

 

せっかく子供が家に居てくれる今の時期。

あと10年したら長男は18歳なので、

もしかしたら一人暮らしをしてるかもしれない。

子供と密にかかわっていられる

この10年、つまりは40代を、

笑ってかつ機嫌よく暮らそう!と決めました。

 

とりあえず、(今でもやん!と言われそうですが)

家事は機嫌よくいられる範囲でする。

やらずにほってて家の中が散らかりすぎても、不機嫌。

理想を求めすぎても、不機嫌。

なので、ちょうどいいくらいに、する。

機嫌よくいられるように、家電に頼るとこは頼る!

 

育児は期間限定なので、なるべく、

将来の自分が不機嫌にならないように、時間を割く。

 

仕事は…これは難しいなぁ。

でも、限られた時間でベストを尽くす。

これに尽きるかな。限られた時間で手を抜かない。

すごくよい評価はもらえないと思うけど、

自分の中で評価を落とさないようにベストを尽くす。

 

今日も機嫌よく過ごすために、

大変すぎることはうまく流したり、

流せないことは集中して、できるだけ雑念をはらって、

やっていきたいと思います。

(この雑念をはらうのが…難しい~!)

 

こんなことを思ったのは、

西原理恵子さんの「毎日かあさん」を読んだからなのですが、

ぐっときました~。

f:id:three_pigs:20180111060037j:plain

 

 

読書メモ:おさよさんの無理なくつづく家事ぐせ

薦められて読んだ家事・収納本で「これいいかも!」

というのがあったのでご紹介。

 

おさよさんの無理なくつづく家事ぐせ

 

こういう本って「ここまでなら私もできる!」みたいな、

性格との相性が大切だと思うのだけど、おさよさんの本は、

料理のカテゴリーが私の性格と"ちょうどよかった"です。

 

 

 週末に料理を完成形で冷凍ストック

 これ、夫が親子丼ではじめました。

鶏肉と玉ねぎを切って、調味料まで入れてジップロックで冷凍。

食べるときは解凍して火を通すだけ。

冷凍しているからか、味が鶏肉に染みて普段より美味しい!

メインのおかずが冷凍庫にあると思うと、毎日気がラクチンです。

 

おさよさんも、同じこと取り入れていて、

・プルコギ

・牛丼

・鶏肉のトマトクリームソース煮

などのレシピが載っていたので重宝しました~!

今までも週末に野菜を切って冷凍する、まではしていただけど、

ここ数か月はこのスタイルに落ち着いています。

 

やっぱり、料理が大好き♪ではない私。

毎日いちから作るのがおっくうで…。

子供が大きくなって家を出ていったら、

毎晩夫と仕事帰りに外食してそうで怖い(笑)

 

ジップロックをサイズ毎に牛乳パックで収納

週末に冷凍保存をするようになると、

ジップロックが大量に必要になってきました。

箱からいちいち出すのはめんどくさいですが、

牛乳パックを使ってキッチン下に収納するととっても便利!

 

おさよさんのキッチンまわりの収納は参考になることが多く、

年末にいろいろと配置換えをしたわが家です。

 

下の写真わかりますか?

ジップロックを入れてる箱が牛乳パックです。

収納グッズ、買わずに捨てれるもので代用したら、

「収納グッズをきれいに掃除する」

手間が省けるんだなぁと思いました。

f:id:three_pigs:20180110055151j:plain

牛乳パックなら汚れたらポイっとすてるだけ♪

 

洗剤類を無地のボトルに詰め替える

逆に、性格上ここまではできないなーと思ったのがコレ。

見た目はスッキリするけど、わざわざ詰め替えるまではハードルが高い。

私は、なるべくシンプルなボトルのもの、

白いボトルのもの、を買ってごちゃごちゃしないようにしてます。

 

こんな感じでおさよさんの本、よかったです!

お洒落さもだけど、生活感があってできるかもと思える本でした。

 

家族ではじめての雪山。箱館山スキー場。

1月3日に、家族ではじめてスキー場に行ってきました。

3歳、5歳、8歳の子連れ。

今年は雪がしっかり降っていて、一面の銀世界が見れました!

がしかし、久しぶりの雪山は大変で(笑)

次回行くときのために、備忘録を書いておこうと思います。

 

リフト券は必要ない!

 大人2人分のリフト券はいらないけど、1人分は必要だよね!

と思って買った1日券。

10回乗らないともとを取れないよ、と言われて、

2人で乗った回数は3回でした…

幼児2人がいたので、1人に大人1人がつかなければならず、

大人が滑るなんて無理がありすぎ。

しかも行った日は吹雪いている時間もあり、

3歳児は30分くらいで「さむい~」「おうちに帰りたい~」

とのこと。

そりゃたくさん動くわけないから寒いよね。

ということで、子供が慣れるまではリフト券はいりませーん。

 

近くてこじんまりしたスキー場がおすすめ。

 雪が積もっている中、

子供たちと、スキーグッズを持って歩くのは大変でした。

なので、ゲレンデは小さいほうがいいなーと。

お友達家族と一緒で、自分たちが動くときにも

子供達をだれかが一箇所でみとけれるなら別だけどね。

家族だけだったら、何かと一緒に移動しなきゃいけないので。

岐阜あたりまで行きたいな~とか

最初は話してたけど、滋賀で十分すぎました!

 

今回のスキー場は箱館山スキー場

大阪から1時間半でいけて、

なんとノーマルタイヤOKだと公式サイトに書いてくれてる。

途中のバイパスがノーマルタイヤではちょっと怖かったけど、

スタッドレスタイヤを持ってなかったので助かりました。

このスキー場は駐車場からゴンドラに乗ってスキー場へ向かいます。

これがかなりスリルがあって。(高くて急なのですー)

子供たちはゴンドラに興奮してました(笑)

f:id:three_pigs:20180109052459j:plain

大人でもこわい!

 

幼児にやさしいスキー場が、お財布にもいい。

箱館山スキー場は、幼児はゴンドラ代無料・らくちんベルト無料でした。

合計1000円程度だったんだけど、やっぱりありがたい。

「寒い、帰る~」と言われても、穏やかに対応できます(笑)

 

はじめて乗ったらくちんベルト。

そり&スキー初心者用の斜面に設置されてて助かりました。

(傾斜のある歩く歩道みたいなもの)

おかげで、子供とそりをもって斜面を登る…という苦行はなし!

スキーやボードメインで考えるのと、

子供の雪遊びとでは選ぶスキー場もちがうなぁと。

 

今回は子供達のスキーウェア一式をお借りして行けたので、

さらにお財布にも優しくてよかったです^^

 

あとはあめやスナック菓子が必須!!

雪のなかで歩くだけでも体力つかうからね。

おにぎりも握っていきました。

 

大変だったはずの箱館山も、振り返ったらいい思い出。

(かなり忍耐力が必要だったけど)

人生2回目のスキーはさんざんだったけど、

シニアになったころには、上手に滑れるようになりたいなぁ!

子供が全員小学生になったら、

スキー場もかなり楽しめそうです。

 

ちなみに小学2年生の長男はスキースクールにも入り、

楽しかったーとのりのりだったので、

春休みは雪遊び&スキーキャンプに入れたいと思います!