読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんびきのこぶた。

3人の子供と暮らしています。 育児、仕事、家事、旅などのきろく。

甲子園球場で阪神タイガースの試合をみてきました。

f:id:three_pigs:20170316061748j:plain

ここ最近、キャッチボールが好きな長男。

野球をみてみたい!ということで週末は家族5人で巨人戦を応援してきました。

こどもたちはもちろんだけど、私も初阪神戦!

トラの人形を頭にかぶってるおじちゃんがいたり、トラのしっぽをつけてるお兄ちゃんがいたり、阪神が勝ってるのに、なぜか仲間内で喧嘩して警察がやってきたりと、野球以外にもおもしろい場所でした。

 

交通手段、どうしよう?

7歳はいいとして、4歳と2歳…。帰りはぜったいグダグダになるので、迷わず車でいくことに。

甲子園球場は駐車場がないということなので、隣駅の駅近くにあるコインパーキングに停めて1駅だけ電車に乗って移動しました。

でも実はここが一番近かったかも。甲子園球場の真横で、ららぽーとにも近い。

当日うちきり1000円なのも嬉しい。

セレパーク甲子園球場前 | セレパーク

5台しか停まれないのでいっぱいかもしれないけど、早めにきてららぽーとで買い出ししたりしてもいいかも^^

電車で1駅といっても、球場がかなり広いので席に着くまでに下の2人はグダグダでした…。

 

小学生なら野球観戦をたのしめる!

長男はかなーり楽しんでいました!サッカーよりも、試合がゆっくり進んで、見どころが分かるので面白かったみたい。

「次はストライクとったらいいんだね!」とか「次打てたら、1点だ!」とか。

守りのときはお菓子をたべたりしつつ、7回裏まで席を立つことなく、集中して応援できてました◎

ジェット風船を飛ばすことを言ってなかったから、7回裏は大興奮!

f:id:three_pigs:20170316061756j:plain

f:id:three_pigs:20170316061752j:plain

だけど、巨人戦。

試合が始まるとどんどん席が埋まって、じっとしてられない2歳児にはきつかった…。

飽きちゃって「かえるー!」を連発して周りのおじちゃんに笑われたり、次男はジュースをこぼして隣の方のカバンをよごしちゃったり。

ほんと騒がしい家族でごめんなさい、という感じだったので、次に家族でいくのは2~3年たってからでいいかな~。

でも天気もよくて、異次元も体験できて!?楽しい一日でした。

長時間労働について。

「働き方」。これについてはずいぶんと考えてきました。

子供たちが産まれた後も同じ会社で働いてきてよかったのは、同じ会社、同じ職種、同じ立場で働いているからこそ、の気付きが多いことかな。

仕事への考え方とか、感じ方、まわりからの評価も含めて、同じだからこそ気付けることがあるなと思います。

 

f:id:three_pigs:20170314063217j:plain

 

長時間労働っていいの?わるいの? 

 サービス残業はだめだよね。これはたぶんみんな一緒。

じゃあ長時間労働は?

これが少し難しくて、すっごく仕事に打ち込んでて、残業が苦にならない時期っていうのは確かにあると思う。

私も20代のときに時間をかけたことが、知識や経験として今財産になってると感じることもあります。

 

政府でも残業の上限が検討されているけど、”長時間労働容認する文化があること”がたぶんなくならない理由なんだろうなと。

容認”なんてものではなく、おそらく似たような成果を出していても、毎日定時で帰る人と残業している人とだったら、残業している人が評価されると思う。

www.asahi.com

 

久しぶりに12時間働いてみたら。

時短で心苦しいのですが、先週ひさしぶりにがっつり仕事をしました。

でも私の場合、がっつりなようでがっつりできなかった…という結果。

まず、今日は残業できる!と思うと、昼過ぎあたりの眠い時間にペースが落ちてしまいました。

最後の1時間はまわりの人と話をしたり、スローペースで資料を作ったり。

午前中の頭が冴えてる時間だったら30分で仕上げただろうなと。

最近ばたついているので、仕事をするときに、これは1時間で仕上げる!とか決めてから取りかかるのだけど、この判断も鈍ったりね。(決めた時間で仕上げたものをとりあえず出していく、ことにしています)

体力も落ちてるからか、20代のころのようには働けないということが分かってしまいました。いつもの倍の時間働いたのに、生産性が低かったー!

子供との時間を削って残業したのに、もったいないことをしてしまいました…。

 

時間を限ってパフォーマンスをあげる。

時短であろうとなかろうと、仕事でも家事でも、時間を自分で限ってパフォーマンスをあげるようにしたいと思います。

限られた時間というより、自分で能動的に”限る”(使い方おかしいけど)。

長時間労働に関していうと、やっぱり人間の集中力って12時間も持たないんだなと分かったので、それならここまでってところで帰って、将来の健康のために適切な時間にご飯を食べて寝て、朝起きてから仕事をしたほうがいいと思う。

ロボットじゃないから、ずっと同じことをし続けるのは無理があるよね。

でも時短の私がいうと”綺麗ごと”になるので、健康管理をしっかりしてパフォーマンスを上げていくしかないなー。あとは体力作りも!

 

小学生のための漢字をおぼえる辞典。

そういえば1年前くらいに、近所の小学生に「ぼく漢字博士やねん!”きへん”の漢字、どっちが多く言えるか勝負しよう!」みたいなことを言われた記憶が。

漢字ってハマる子ははまるのかもしれません。

ちなみに私は漢字と人の名前を正確に覚えるのが苦手です。漢字は手書きが減ってきて、正確に思い出せない!という人の数が増えてきたので救われてます。

名前は…きびしい。

 

塾の宿題対策に、漢字辞典。

f:id:three_pigs:20170312061132j:plain

 

毎週新しい漢字(今なら2年生の漢字)を4個ずつ習ってきます。

おっと「楽」が微妙に間違ってる。

その漢字をつかった熟語を書く宿題があるんだけど、国語辞典だと調べにくいし、辞典がないと「ままー!」と呼ばれる。そして私もすっと出てこないというオチつき。

これでは親の威厳が!!!漢字が苦手なだけだけど…

ということで、塾の先生お勧めの漢字辞典を購入しました。

 

小学生のための漢字をおぼえる辞典

 

 

五味太郎さんの絵がいい感じ。 

 

f:id:three_pigs:20170312061139j:plain

 

表紙もだけど、五味太郎さんの挿絵がいい感じになごみます。

さくいんも、つかいわけさくいん・音訓さくいん・部種別さくいん・総画さくいんでひけるようになっていて、学年で習う漢字でまとめられてるので、1年生でも自分で調べれます。

漢字辞典によってはもっとみっちり書いてるものもあるけど、小学生ならこれくらいでいいのかなと。

「なりたち」に書かれている文章も面白いです。虫という漢字はどくへびの形がその由来らしく...こ、こわい!

こどもの工作教室を企画中。

 

f:id:three_pigs:20170309051754j:plain

 

今年に入ってあたためていた企画なんですが、春休みにこどもの工作教室っぽいことをしたいと企画中です。

相手は長男とその友達2~3人なんだけど、今までワークショップに参加したことはあっても、自分で開催したことはないので声をかけるところから緊張・・・。

これもトライアンドエラーということで!と言い聞かせつつ、今週末には声をかけるぞー!!

 

 

タミヤの楽しい工作シリーズ

 

春から小学2年生のこどもたちが、なるべく自力でできるものということで、ロボクラフトシリーズではなくタミヤの楽しい工作シリーズを使います。

X'masに買ったロボクラフトシリーズは8割以上、夫が作ったのでね。

ロボット教室に見学にいった友達のママ曰く、ロボット教室の設計書を理解して自分で作れるようになるのは、3-4年生かな?という感じだったらしいので、新2年生にあったレベルから。

 

タミヤ 楽しい工作シリーズ No.119 水陸両用車工作セット (70119)

 作った後はみんなで遊んだり、競争させたりできるほうがいいので、水陸両用車。

 防水加工されてたら、雨上がりの公園でも大丈夫そう!お値段もAmazonで1100円くらいなので負担ではないかなーと思うんだけど、どうだろう??

 

 

場所はマンションの集会所。

 

自宅でするとなると、掃除しなきゃ!とかやらなきゃいけないことが増えるので、マンションの集会所を借りようかなと思っています。

昼間の集会所ならうるさくしたり、中で騒いでも問題ないしね。

お昼ごはんの後に集まって、工作。おそらく1時間くらいかな。その後みんなで競争させますかね。

作ってる様子とかをママ達にフィードバックできたらいいなとも思いつつ。

書いてみるとなんてことなく、すぐできそうな気もしてきた!

「行くー!」って言ってくれたらいいな。

夫婦だけで何しようという話。

f:id:three_pigs:20170309044015j:plain

 

週末は8年ぶり近く久しぶりに夫婦だけで過ごしたのだけど、これがとってもよかったです。

かなーりゆっくりできたし楽しかった!!でも意外な感覚も。

 

 大人だけだと何やっていいかわからない。

 

3人目が産まれてから1年くらい、いやそれ以上かもしれないけど、自分のキャパシティーを超えてしまっていて、「私たちには3人は無理だったんだ…」と思うこともしばしば。

1日自由になるなんて夢のまた夢!って感じだったけど、人間って慣れるものでかなり賑やかな、いやうるさい生活に順応していたようです。

なんか物足りない…。夫婦だけでいても盛り上がらない、みたいな。

ちょくちょく聞いてた話だけど、まさか自分がという感じで驚きました。

夫婦2人だけなら、8年前の感覚に戻れると思ってたけど、いや~時間は経ってましたという話。

 

 

子供たちとの遊びを楽しめるうちに楽しむ。 

 

それくらい、子供中心に日々を過ごしているということだけど、あと10年もしたら三男も中学生。

中学生は部活と塾でほとんど家にいないっていうし、夫婦の時間もたくさんできそうなので、今は子供たちとの遊びを楽しもう!と思いました。

家事とかできてなくても、週末は公園とかにでかけちゃえ、みたいな。

あと10年もしたら、週末にお菓子作りなんてことも余裕でできそうだしね。

家事ができないとか大きな問題じゃなくて、”家族”という単位でぎゅっとまとまってくらす時期は期間限定だね。

 

大人だけで楽しむタネをまく。

 

キャンプに行ったりする友達家族と、夫婦だけでも呑んだりキャンプに行ったり。そんなふうに楽しめたらいいな。

山登りとかそれぞれの趣味も育てたいし、工作教室とか夫婦で開いちゃう?みたいな話もでてます。

夫婦で小規模のビジネスしたり、ボランティア的な活動をするって、世界もひろがりそうだしいいと思うんだよね。

まだまだ毎日の生活が忙しいけど、少しずつタネをまいていきたいです。